マクド・スタバ・ホテルの違い

2018年01月10日

先日伺った治療院で
「これまで健康保険の患者さんばっかりだったから、なかなか値上げを言い出しにくい」
なんて相談をうけました。

 

確かに、これまで健康保険主体の治療院だったのに
急に値上げってしにくいですよね。

既存のお客様には
無理して値上げしなくていいですよ。
(値上げの仕方はまたべつの回にお話します)

 

今回は値上げをする時の

マインドの作り方
「マクド・スタバ・ホテル」の違いについて

お話させていただきたいと思います。

 

みなさん、こんにちは!
ポータルズ宮内です。

 

みなさん、外出された時
どんな店でコーヒー飲みますか?
治療院に限らず

経営者の方ならば、是非一度は
ホテルで飲んでみて下さい。

(スタッフさんも教育のために連れて行ってあげてください)

「同じコーヒーや~ん!」

と思いながらも

何か違いに気がつくかと思います。

  • 店員さんの接客
  • お客さんの態度
  • 居心地のよさ
  • 何かあった時の対応力

 

コーヒーの味はそんなにかわらなくても
「何か」が違うはずです。

あなた自身もどうですか?

 

1杯100円の マックでコーヒーを飲むとき
1杯320円の スタバでコーヒーを飲むとき
1杯1000円の ホテルでコーヒーを飲むとき

どこか違うんじゃないですか?

 

いつものジャージでスタバに行けますか?

うーん、スタバにジャージで行く人
もしかしているかもしれないですけど

 

さすがにホテルにはジャージで行かないでしょ?

マックでは友達と一緒に騒ぐかもしれません
でもスタバで・・・
あるいはホテルで友達とバカ話しますか?

しないと思います。

あなたが自費治療をしていくにあたって
かえるのは「手技」や「メニュー」ではなく

本当は
「内装」や「外装」

そして
あなた自身の「身のこなし」

かもしれません。

自分への投資だと思って

よい服を買い(1着でいいので)
よいお店へ行き
高級な物を食べてみる
リゾートのスパなど
体験してみるもいい勉強かと思います。

一流の空気に触れる

という体験は
何よりよい教科書だと思います。

自分への投資です

頭の中で描くだけでは
なかなか値上げはできません。

あなたの治療院がマックのような治療院ではなく

ホテルのような治療院になったら・・・

お客様もよい人ばかり
逆に難しい患者さんが減って
あなたにも時間と金銭的な余裕が生まれ

よい循環が生まれるかもしれません。

だから、見た目だけでもいい
(私も貧乏な頃から、よくいいホテルに行きました)

空気感をインストールするために
上質な空間へ行ってみてくださいね。

明日はもうちょっと具体的に
内装をかえるコツをお話します!