自費にする時に捨てるべきモノ

2018年01月11日

今日は自費治療にする時の
院の内装について。

治療メニューをつくるだけでなく
院の内装も変えていったほうがいいよ~
というお話です。

 

みなさん、こんにちは!
ポータルズ宮内です。

自費治療を開始するにあたり
一生懸命メニューを考えたり
金額を考えたり

すると思うのですが、
院の「空気感」「内装」も
自費治療院らしく、
ちょっと高級路線?に変えていった方がいいですよね。

壁紙やインテリア、内装を
大きく変えるのは難しいですが

「モノを捨てる」だけなら簡単じゃないですか?

断捨離です。

 

私が普段、治療院にお伺いして
「あぁ~ここは健康保険っぽいなぁ・・・」
「あぁ~これ、捨てた方がいいなぁ・・・」

 

と感じるモノについてがテーマです。

ポスター

療養費のポスターや、
物療機器のポスターがはってある治療院

物療機器はまぁ、許せるとして
古びた療養費のポスターは

健康保険をまだ続けるとしても、捨てましょ

ふるーーーい感じしますもん。
自費治療をとりいれて単価もアップするんですから
必要のない掲示物はとりさりましょう。

もし、ホームページを作るタイミングで
外傷の患者さんを少なくしていくなら
スポーツ関連のポスターや切抜きも外しましょうね。

ポスターの全部がダメという訳ではなく
おしゃれな院は貼りかたも工夫しています

ただ貼るだけでなく
デコレーションするとか、下に色画用紙のフレームをつけるとか

ポスターにプラスして写真をラミネートして
注目させるとか

見せ方の工夫が必要です

インテリアにそぐわない小物

健康保険メインでやってきた治療院で
断捨離すべきもののひとつに

くす玉、折鶴、キューピーのお洋服

などなど。

患者さまからいただいた
手芸品があります。

すごく嬉しいことなんですけどね。

でもひとつ置いてると
「嬉しい!大事にしてくれるんだ!」
と思ってどんどん増えていきます 😥

 

私のも置いて!
とまた増えます(笑)

そして、一度飾ると
なかなか捨てにくいんですよねぇ

お気持ちだけいただいて
手芸品をうけとるのは
やめておきましょう。

院長の趣味のフィギュア

これもよくある「あるある」です。

UFOキャッチャーの戦利品でしょうか?

ワンピースのフィギュアとか・・・

ま、私も好きで波に乗ったチョッパー像
もってますけど(笑)

やっぱりホコリかぶったりしますし
ゴチャゴチャした感じがしますし

落ち着かないですよね。

趣味の小物、余程インテリアにマッチしたもの以外は
置かない方がいいです。

まれに、めっちゃセンスのいい治療院で
小物が全部素敵!で、ファンになっちゃいそうな
治療院、ありますけどね。

そうそう、あるんです。
今度許可を得てからネタにしよう(笑)

治療院に何を求めているか

これまで健康保険主体の治療院を
経営されていた方は

治療院は「ケガを治しにくる所」

 

という自己認識であり、
患者さんもそうかもしれません。

しかし、いざ自費治療をはじめると

「ケガを治しにくる所」
ではなく
「自分の体のメンテナンスをしにくる所」

となっていきます。
あなたの治療院は、

自分の体と向き合うための
リセット空間

なんです
忙しい日常の中で、唯一
自分の体と向き合う時間

だから、より神聖でスッキリした場所を
提供してあげると
喜ばれると思いませんか?

内装は足し算より引き算
より研ぎ澄まされた空間を目指して

スッキリさせていきましょうね。

観葉植物なんかは、
置いても大丈夫ですよ。

ただし、葉っぱは下向きに生える物より

上向きに生える物
のほうが

気持ちが前向きになるのでいいですね!
茶色くなってしまった葉っぱや
枯れている葉っぱはとりのぞきましょうね!