院長挨拶のつくり方 その2

2018年01月8日

院長挨拶のつくり方、昨日は注意点をお話しました。
本日はいよいよ、具体的に作っていきましょう!

 

みなさんこんにちは!ポータルズ宮内です

本日は「院長挨拶のつくり方」その2実践編です。

 

院長挨拶に何を書いていいかわからない!

という方は是非読んで役立ててくださいね。

1.まずは挨拶をいれよう!

院長あいさつ、かきはじめは
「挨拶」からはじめましょう。

○○地域のみなさん、はじめまして。
○○○整骨院の○○○○です。

ここでさりげなく地域名をプラス!

するのがポイントです。
ホームページはひとつでも多く
地域キーワードをいれることが大切です。
覚えておいてくださいね。

次に

2.簡潔に現在やっている治療を書く

簡潔に軽くまとめてください。軽く。
長すぎる自己紹介はNGなので

(院のタイプによります。
特殊治療の場合は長くてOKです。が、別ページにしましょう)

全体を300字~400字程度にまとめたいので、

当院では○○○でお悩みの方へ○○○○になって頂くために
○○○○な治療をおこなっています。

 

という形で得意治療や施術方針を伝えます。
今の自分でなくていいですよ、
今後ネット集客したいユーザー層向け
に書いてくださいね。

おそらく、ホームページを「これからはじめる」
という方は

真面目に現在を書けばいいと思って
当院ではスポーツのケガや腰の痛み・・・
なんて書くかもしれません。

しかし、今後本当に外傷の集客をするのか?

ホームページをはじめて
患者さんの層ががらっと変わる
可能性がありますので

こちらの記事を読んでいただいたり

宮内に相談してくださいね。

上記の治療の説明にプラスして、
すでに自費治療をはじめていらっしゃる方は

  • 特別治療機器の案内
  • 特別手技(骨盤矯正や特別手技など)の案内

のこともいれるといいですね。

例えば・・・

もっと痛みが早くとれないか?と悩み続け特別治療機器Aを導入しました。

とか。

一般的な手技だけでは改善しにくいと感じ、
骨盤矯正等の手技を学び、取り入れました。

 

とか。ですね。

 

3.この仕事についたきっかけを書く

治療家になったきっかけは
何ですか?

と聞くと、たま~に

「いや、とくに・・・」

とニッコリされる方もいらっしゃいますが。

それはそれでOKなんですよ。
「治療家になる!」
と思い立ったエピソードがある方は
それを書けばいいし。

 

ない方は、治療家になってから
「治療家になってよかった!」
と心にぐっときたエピソードを書きましょう。

 

患者さんに喜ばれたことでもいいですし
最初治せなくて、苦労して考えて、
治せるようになった・・・そんな感じでもいいです。

 

産後矯正を主軸としていく方は
自身の育児体験や
奥さんの苦労を見ていたエピソードもいいです。

4.具体的な数字を探してきて書く

何か数字にできることがあれば、
工夫して盛り込みましょう。

むちうち治療件数、のべ○○人

とか

年間○○人の腰痛を改善

とか

お客様の90%以上が○○回で改善

とか

なにかインパクトのある数字で
表現できることがないか考えて見ましょう。

 

5.自身のミッション、使命を書く

自分の治療方針、ミッションなどを書きましょう。

これはしっかり自分で考えて、

この治療方針
理念の上を歩いていくんだ!

と、しっかり自分自身に落としこめるものを
書いてくださいね。

といっても、
迷うよね~?難しいよね~?

ま、後から変えてもいいです(笑)
この「理念をつくる」という行為は
重要だけれど
なかなか簡単にはできないものです。

しかし初心表明という形でいいので
自分の心に浮かぶ言葉を書いておきましょう。

 

まとめ

というわけで、プロフィールはこんな感じです。
どうですか?

300字~400字程度におさまったでしょうか?

文字数のチェックはこちらからどうぞ
(文字数カウントのサイトに飛びます)

 

「院長あいさつ」
簡潔でステキな挨拶を考えてくださいね!

 

一番見えないものは「自分」

2018年01月6日

ホームページは自社の「良い側面」を最大限!
魅力的に見せる必要があります。

でも自社の、あるいは自分のいいところって
なかなか自分で見つけられないんですよね~

 

みなさん、こんにちは!

ポータルズ宮内です。

 

本日は「一番見えてないのは自分」

と題してお届けさせていただきます。

 

あなたは

自分の

「長所・短所」

「強み・弱み」

明確に話をすることができますか?

自分の良いところは
最大限魅力的に!
そして短所もまた、魅力的に!
みせる表現があるんですよ。

 

自分のことを一番みえてないのは自分・・・だから

自分のこと、自社のこと

を理解するために、
最もよい方法は誰かに聞いてみることです。

 

身近な人もいいです
スタッフさんでもいいです

でも、お客さん(患者さん)に聞いてみるのが一番いいですね。

 

どうしてこの治療院を選んでくれたのか
誰がどんな風に紹介してくれているのか

ポータルズの会員の皆さんは
新バージョンの「患者様の声」用紙がありますので
今月末の新聞でお送りしますね。  

是非患者さんが、あなたの治療院を

どう思っているのか、知ってくださいね。

 

弱点を魅力的な表現にかえる

みなさん「弱み」というと、
ネガティブな印象になってしまいますが
すべては表現によって強みに変えることができます。

立地の良し悪し

「立地の悪い治療院」は

「落ち着いて施術をうけることができる治療院」
「一目につかない場所にあるのに、いつも人気で予約殺到の治療院」

 

まぁ、ネット集客では立地はあんまり関係ないので
わざわざ立地について言及することはないですけどね^^;

 

スタッフの有無

「一人院長の治療院」は

「いつも必ず院長にみてもらえる治療院」
「一人ひとり、丁寧にみてもらえる治療院」

 

「スタッフさんがたくさんいる治療院」は

「活気のある治療院」
「ホスピタリティあふれる接客ができる治療院」

 

一人院長の院と、スタッフさんがたくさんいる院では
訴求の仕方がかわりますよね。

物療機器の有無

物療機器のない所はこんな風に表現します。

「物療機器がない治療院」

「手技にこだわりがある治療院」

 

めっちゃ魅力的じゃないですか!!
物療機器なんて、買わなくても大丈夫です。

 

健康保険取り扱いの有無

健康保険取扱いの場合は、
そのまま「健康保険取扱い」とホームページにも書けばいいです。

(ただし、肩こり・腰痛等のページでは書いてはいけません。
そしてトップページに書くのも、あまりオススメはしません)

ホームページ制作をきっかけに
自費治療に移行される治療院が多いのですが

既存のお客様はまだ健康保険を使っているしグレーにしておきたい・・・
という場合は

「健康保険取扱い」

 ↓
「ケガ・捻挫など急性症状の場合は健康保険が使えます」

にしておきましょう。
ホームページは患者様だけでなく、色んな人がみますからね^^
適正に使用していることを明記しておきましょうね。

では、健康保険を使わない、自費治療の院では

「健康保険つかいません」ではなく
 ↓
「特別な手技で根本改善します」
「特別な治療機器をつかって早期に痛みをとります」
「さまざまな治療法の中から、あなたの状態に合わせた施術をおこないます」

 

健康保険を使わないことは、わざわざ書く必要はありません。

 

そもそも、健康保険を

「使うか使わないか」

にこだわっているのは
これまでそれを使っていたあなたです。
実質値上げになって申し訳ないという気持ちがあるのかもしれません。

 

でもホームページを見てくる新規患者さんは
金額ではなく、痛みが取れるかどうかを知りたいわけですから。
あまり気にする必要はありません。

 

ボキボキする矯正・痛い治療

痛い治療、ボキボキする治療もそのまま書くと
怖い~~!と思ってマイナスの印象ですよね^^;

「ボキボキする矯正です」

「矯正の時、音がなりますが痛みはありません。
即効性のある手技です」

 

「痛い治療です」

「痛みは伴いますが、即効性のある治療で結果的に早くよくなります」
なるべく痛みのない治療のほうが安心ですけどね。

小林式矯正の方は骨盤矯正だけではなく
首・肩・背骨・足首、その他様々な関節を矯正する方法をご存知です。

時々先生たち、自分が「こういう矯正できる」
というのを忘れていて
ホームページに書き忘れがあったりするので

しっかり書いてアピールしましょうね♪

自分の魅力をどう伝えていいかわからない人は?

なかなか自分のPRがうまくできない
という方は

ポータルズのホームページ、「サクセスプラン」をご利用ください。

スタッフがお伺いして
あなたの院の魅力を引き出します。

私が対応できるかどうかわかりませんが、
スカイプやお電話でお話を聞き、
魅力発見のお手伝いをします。

 

あと、まだできてませんが
オンライン名刺講座もご活用くださいね!

ホームページに何を描く?

2018年01月3日

ホームページに何を描く?

ホームページを作る前に、是非やって欲しいのが

「何を描くか決める」=「ビジョンを作る」

ということです。
ホームページは今のあなたの姿ではなく
少し未来のあなたを描くことで

「思った通りの集客」

に繋がるからです。


みなさん、こんにちは!

ポータルズ宮内です。
ホームページは単なる「集客するツール」

ではなく
「集客をデザインできるツール」

なんですね。
ホームページをちゃんと作れば

あなたが出逢いたい患者さんに出逢う

ことができますよ。

 

なぜ、ホームページを作るの?

ホームページがあればいい。
看板と同じような物。

住所と電話番号とお休みの日が書いてあればいいや。

なんて思っている人もいるかもしれませんが、

 

私達の会社、ポータルズに
ホームページをご依頼いただく方のほとんどが

「ネット集客」

に期待してオーダーいただきます。

期待していただいて大丈夫です!

 

ただ、今の治療メニューでホントにいいの?
等身大の今の姿で
ホームページだしちゃっていいの?

ちょっと考えてみてください。

 

ホームページを作ると

  • 自費治療の集客がしやすくなる
  • ターゲットとしたい患者様に響かせることができる
  • 売り込まなくても自費治療・プラスアルファ治療が売れる

 

だからしっかりと計画とビジョンを
先に描いておくこと
が大切なんですね。

 

1社1社、お伺いしてお話を聞き

立地・競合・治療院にある物療機器・人材

すべてに目を通して適切なアドバイスをさせていただきます。
もちろん、開院前に相談に乗って欲しい
という方もいるかと思います。

宮内の事前相談は
初回のみ20分無料でお時間とらせていただきます。
スカイプあるいはZOOMでお話お聞きしますね。

相談したい方はお気軽にこちらからお申込みください。

 

お問合せフォーム|治療院集客レシピ

[contact-form-7 id="32" title="コンタクトフォーム 1"]

TOPへ戻る