院長挨拶のつくり方 その2

2018年01月8日

院長挨拶のつくり方、昨日は注意点をお話しました。
本日はいよいよ、具体的に作っていきましょう!

 

みなさんこんにちは!ポータルズ宮内です

本日は「院長挨拶のつくり方」その2実践編です。

 

院長挨拶に何を書いていいかわからない!

という方は是非読んで役立ててくださいね。

1.まずは挨拶をいれよう!

院長あいさつ、かきはじめは
「挨拶」からはじめましょう。

○○地域のみなさん、はじめまして。
○○○整骨院の○○○○です。

ここでさりげなく地域名をプラス!

するのがポイントです。
ホームページはひとつでも多く
地域キーワードをいれることが大切です。
覚えておいてくださいね。

次に

2.簡潔に現在やっている治療を書く

簡潔に軽くまとめてください。軽く。
長すぎる自己紹介はNGなので

(院のタイプによります。
特殊治療の場合は長くてOKです。が、別ページにしましょう)

全体を300字~400字程度にまとめたいので、

当院では○○○でお悩みの方へ○○○○になって頂くために
○○○○な治療をおこなっています。

 

という形で得意治療や施術方針を伝えます。
今の自分でなくていいですよ、
今後ネット集客したいユーザー層向け
に書いてくださいね。

おそらく、ホームページを「これからはじめる」
という方は

真面目に現在を書けばいいと思って
当院ではスポーツのケガや腰の痛み・・・
なんて書くかもしれません。

しかし、今後本当に外傷の集客をするのか?

ホームページをはじめて
患者さんの層ががらっと変わる
可能性がありますので

こちらの記事を読んでいただいたり

宮内に相談してくださいね。

上記の治療の説明にプラスして、
すでに自費治療をはじめていらっしゃる方は

  • 特別治療機器の案内
  • 特別手技(骨盤矯正や特別手技など)の案内

のこともいれるといいですね。

例えば・・・

もっと痛みが早くとれないか?と悩み続け特別治療機器Aを導入しました。

とか。

一般的な手技だけでは改善しにくいと感じ、
骨盤矯正等の手技を学び、取り入れました。

 

とか。ですね。

 

3.この仕事についたきっかけを書く

治療家になったきっかけは
何ですか?

と聞くと、たま~に

「いや、とくに・・・」

とニッコリされる方もいらっしゃいますが。

それはそれでOKなんですよ。
「治療家になる!」
と思い立ったエピソードがある方は
それを書けばいいし。

 

ない方は、治療家になってから
「治療家になってよかった!」
と心にぐっときたエピソードを書きましょう。

 

患者さんに喜ばれたことでもいいですし
最初治せなくて、苦労して考えて、
治せるようになった・・・そんな感じでもいいです。

 

産後矯正を主軸としていく方は
自身の育児体験や
奥さんの苦労を見ていたエピソードもいいです。

4.具体的な数字を探してきて書く

何か数字にできることがあれば、
工夫して盛り込みましょう。

むちうち治療件数、のべ○○人

とか

年間○○人の腰痛を改善

とか

お客様の90%以上が○○回で改善

とか

なにかインパクトのある数字で
表現できることがないか考えて見ましょう。

 

5.自身のミッション、使命を書く

自分の治療方針、ミッションなどを書きましょう。

これはしっかり自分で考えて、

この治療方針
理念の上を歩いていくんだ!

と、しっかり自分自身に落としこめるものを
書いてくださいね。

といっても、
迷うよね~?難しいよね~?

ま、後から変えてもいいです(笑)
この「理念をつくる」という行為は
重要だけれど
なかなか簡単にはできないものです。

しかし初心表明という形でいいので
自分の心に浮かぶ言葉を書いておきましょう。

 

まとめ

というわけで、プロフィールはこんな感じです。
どうですか?

300字~400字程度におさまったでしょうか?

文字数のチェックはこちらからどうぞ
(文字数カウントのサイトに飛びます)

 

「院長あいさつ」
簡潔でステキな挨拶を考えてくださいね!

 

院長挨拶のつくり方 その1

2018年01月7日

ポータルズの作るホームページは
トップページに「院長挨拶」をいれていただいています。
その書き方のコツをレクチャーしますね。

みなさん、こんにちは
ポータルズ宮内です

本日は「院長挨拶」について
お話させていただきます。

 

もちろん、好きに書いていただいていいんです。
でも、いざ書こうとすると
なんだか緊張してきて

「何かいていいか、わかんね~」

ってなるんですよね^^;

まずは書き方のコツから

院長挨拶書き方のコツ

院長挨拶の最大の目的は
「うん、この院長なら大丈夫そう」
という直感的に、生理的に(!?)

まずは受け入れてもらうということが
大切です。

だから

  • 怖くない
  • 堅苦しくない
  • めんどくさくない

ことが必要です。

あなたがどんな治療院を目指しているか

あなたがどんな方をターゲットにしているか

で書き方はもちろん変わります。

でも一般的に多くの人に受け入れてもらいたいなら
まず、難しい人物と受け取られないようにすること。

治療熱心なのはいいですが、
あまりに熱すぎるのも
ちょっとどん引きしちゃう可能性もありますよね。

あと長すぎるプロフィールね。
これも考えものです。

トップページですから350字くらいに
しておきましょ。

どうしても長くなりそうな場合、
別途ページにリンクで飛ばすといいです。

スポーツをされていた方は
スポーツの経歴を書いてもいいかと思います。
ただし、これから描く治療院が

ほんとうに外傷の患者さん重視の治療院にするのか?

考えてから書きましょうね。

実はパパである経歴、育児歴のほうが
女性に安心感を与え、プラスに働くかもしれません。

 

院長写真のコツ

プロフィールにそえる写真

これも結構重要です。
絶対に笑顔であること!

 

は、もちろんなのですが。
ちゃんと歯がでてるほうがいいですね。
爽やかです。

よく治療家の方は、カメラをむけると
腕組みする人がいますが

腕組みはNGです
腕組みで笑顔とか、
わけわからないですからね。

顔は笑って、体は拒否してますから(笑)

腕組みは、自分の心をみせない
つまり
あなたを拒否してます。
というポーズなんです。

格闘技やラーメン屋ではいいかもしれません。

相手から心臓を狙われているので
「防御しまっせ!俺の方が強いからな!」
なんて時に最適なポーズです。

私はお客様のところへ行ったとき
必ず撮影してくるのが

手を振るポーズです。

手はパーです。
指もまげない。

しっかり手のひらを見せてください。

「手のひらを相手に見せる」
という行為は

「手の内をさらしますよ」
という自己開示を示すポーズなんです。

笑顔の表情にさらに華を添えます。
ガッツポーズよりも優しくみえます。

患者さんが行く前から
安心して身をゆだねられる

そんな写真とポーズにこだわっています。
だいたい集合写真でこの

「手のひらみせ」ポーズのホームページをみたら
ポータルズのサイトだな・・・って

お客さんがみてわかるみたい(笑)

話を院長あいさつにもどします。

院長挨拶も、手を振るポーズがいいですね。
でももうひとつお勧めは

ちょっと横向きで
患者さんと笑顔で話している写真です。

広告や看板を作るときもこの写真がいいですよ。

人は真正面からこちらを見つめられると
ちょっとたじろぎます。

静止画でも初対面の人と目があっちゃうと
ちょっと一歩ひいちゃうんですね。
人間の動物としての本能です。

だからちょいナナメくらいがいい。

にこやかに、爽やかな
笑顔の写真!

がお勧めです。

あ~~、長くなりすぎたので
「院長挨拶に何を書くか」は
明日続きを書きますね!

口下手な人こそ治療名刺を!

2018年01月5日

整骨院・整体院の先生が
「患者さんに渡すため」の2つ折名刺講座を開催します。
この講座の必要性を今日はお話させていただきますね!

 

こんにちは!ポータルズ宮内カオリです。

「宮内さん!なんでいきなり名刺講座?」

 

と思われた方も多いかと思います。

 

日本全国「治療家を訪ね三千里」
の私ですから、

治療家の方からお名刺をいただく機会が
とても多いのです。

私も含め、皆さん

「名前と住所書いてるだけやなぁ~」

 

っていうのが多いんですよ。
ま、名刺ってそういうものかもしれません。

でも名刺本来の役割について
考えてみたら・・・

  • 初対面の人に名前を覚えてもらう
  • 初対面の人に仕事を覚えてもらう
  • 初対面の人からご縁(紹介)をもらう

ために渡してるんですよね?

 

だったら、初対面の人に渡すだけ

口コミ紹介が起きる、先生のことを信頼できる
「オォ~~ッ!」と思われるような

パワー名刺

があったらいいと思いませんか?
この名刺には2つの効果があります。

 

1つ目は、先ほどお話したように
「渡すだけでオォッ!と思われる」

ということ。

 

2つ目は、
この名刺を作っていく過程で
自分のブランディングができる
「志」に気づく
ということです。

自分が何者であるのか、
それを知る過程が皆さんにとって
有意義な時間になると考えています。

ん?志なんて、特にない?
いやいや、大丈夫。
絶対深堀したらでてきますから。

 

なくてもあるように振舞う(笑)

 

のも大切。

そうして100回くらい振舞えば
なんとか板についてきます(笑)

 

志のない人のところに
人(患者さん、スタッフさん)は集まってきません。
是非、あなたがこの講座で
自分の志に気づき、

名刺として顕在化

その名刺が今度は
あなたを新しい道へ律して導いてくれる。

そんなツールになることを願っています。

 

講座の開講準備をすすめていますので
もう少しお待ちくださいね!

お問合せフォーム|治療院集客レシピ

[contact-form-7 id="32" title="コンタクトフォーム 1"]

TOPへ戻る